Menu

長い時間をかけて、教育されてきた結果のことですから、時間を惜しんで、身を粉にして組織の中で馬車馬のように働くこと、こんな姿が美徳とされてきました、周囲も推奨するそんな環境だったことは何十年も前からでしたから、、、、それは、無理もないことだとは思いもしますが、時代は、どんどんと変化を私たちに求めていることもその一方では現実なんですよね。それを、みて見ぬふりをして、通っていけるかと言えば、果たしてどう...