Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
face book, twitter, you tube,
blog, instagram, 他にもまだまだ種類が豊富な
ソーシャルメディアですが、

c8340a0f5585dace8e097a57b00456ed_s.jpg 

フェイスブックやTwitterはかなりの人が
利用しているのではないでしょうか。
SNSは、コミュニケーションツールとして
世に放たれたメディアですが、



その活用の仕方は個人で違っているのも現実ですね、
其々のメディアの規約の枠内で利用する分には
何も文句を言われることはありませんが、

多少、グレーな活用をするとどうでしょうか?
完全にブラックな規約違反は論外ですが、
ぎりぎりのところを攻めた使い方でも、
アカウントの凍結や停止を食らうことがあります。


実際に僕もアカウント停止処分を受けていますので、
せっかく育てていたアカウントを停止されるって、
ユーザーにとっては結構”痛い”ものです。

友達も1000人を超えた、

フォロワーが2000になった、

ここまでどれだけの時間と
労力を掛けてきたと思ってんだ!!!
(心の声)



往々にして、商用利用の際に得てして起こるものです、
規約はその会社の決め事ですから、何も法律違反で
罰せられるものではありませんので、


どこまで許されるものか?
その基準を知りたくて、ぎりぎりを攻めてみるんですね。
ネットで収入を得ようとしている人たちは、
ほぼほぼ皆さん、このような検証にトライしているのでは
ないでしょうか。

始めた当初はナチュラルに繋がって
コミュニケーションを楽しむのですが、
そこはネットですから、沢山の情報に触れていると


ちょっと、お得な話なども
目にするものです、そこから一歩踏み込んで、
さらに調子に乗っていると、メディアから洗礼を
受けることになるんですね。


それも勉強!


そんな 少なからず”痛い”思いを経験されている皆さん(僕も含めてです)

ほとんどタダで使わせて貰っている以上、そのくらいのリスクが
伴うことは大前提だと考え方は、これは成立すると思いませんか!


他人の庭先を借りて、りんごを売っているようなものなので、
本来ならば、幾らか利用料を払うのがビジネスなはずですよね。


無料で使えるものだ!と長い時間慣らされてきたので、
そんな感覚はとっくの昔に忘れてしまっていることも、
ひとつ問題なのでは、、、、


SNSを利用する者として、
何となく、客観的に考えてみた今日の午後でした。


では、そんな相手都合のリスク無しで
自分のビジネスのお客さんを獲得する方法って
いったい、どんな方法があるんでしょうね?


それを考えてみるタイミングも
非常に大事なのではないでしょうか。


答えは、これじゃないですか!

      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

36ca13d042348c9389cdc502955bd995_s.jpg 




顧客

リスト

これが大量にあったら、
ビジネスには困りませんよね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。