FC2ブログ
Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
※ 投資で勝つためには
「優位性のある局面を見極めて、その優位な方に賭け続けること」

ながくその投資の場に居続けられる事が重要ですよね
その為に必要な投資脳を忘れないこと



これが出来ないとただのギャンブルになってしまいます、
少し連敗が続くと、いっきに損を取り戻したくなる気持ちが
先行して、



優位性を無視した方に投資したりするんですね、
結果的には、負けが膨らんでしまった!
そんな経験を思い出したりしてませんか。



投資に感情が入り込んできた時は
敗色濃厚の前兆であることも、忘れないでおいて欲しいと
自身の経験からもお伝えしたいんです。



大切なのは、

優位性のある方へ掛け続けられること!

これに尽きます。



あまり、聞きなれないひとも
多いかとは思いますが、


大数の法則

ある一定の確率は少ない試行回数では、
確率通りにならないが、

試行回数を重ねれば重ねるほど、
確率通りの結果が得られるようになる

という科学的な根拠のある理論です



仮に、
6:4で勝てる勝負があるとしたら、
6の方に賭け続けることで最終的には
絶対に勝つことができるのです。



もちろん、勝ちが続いたりもあれば
連敗があったりもしながらですが、
ずっと掛け続ける事ができる限りは

この ”大数の法則”は有効に働くのです。



では、何回くらいの試行で
6:4の勝率が出せるのか?

実際に体験できると
ひとは実感として学ぶことになり
それまで半信半疑だった理由付けが


確信に変わるんですね
ですけど、わざわざそれを試してるほど
世の中のみなさんも
時間に余裕は・・・・おそらくないでしょう。



ですので、これ聞いたことあるんじゃないかな!
そんな、コインを投げた時の表と裏の出る確率「1:1」の
お話を例にあげますね。



何回もコインを投げる実験の話ですが
これなら、おぼろげながらでも
一度くらいは耳にしたことはありませんか!

10回、100回、300回・・・

繰り返しコインを何度も投げてみるんですね、
すると、回数を重ねれば、重ねるほどに


その確立は

「1:1」に近づいていく、という
実験結果があるのですが、


大数の法則というのはこのように、
実験回数(サンプル数)の数が多ければ多いほど、
実験結果は決まっている確率に限りなく近づいていくというものです。



投資を行う上においては
絶対的に頭に入れておかなければいけない法則なんです。


ですから、目先の連敗に意識を持っていかれないことですね
たった一度や二度負けたからと言って
そこで、一喜一憂する必要は無いんです。



この先、ずっと投資を続けていく為の方法も
ちゃんとあるので、結果と合わせて また記事にしますね。








関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。